オンリーミネラル ファンデーション 楽天、楽天で30代の女性に人気

2015年05月21日

にきびの予防は季節によって異なる


 にきび予防は、冬であれば乾燥対策が主軸になりますが、夏のにきび予防に効果的な方法とは、一体、どういったものなのでしょうか。


夏になると、にきびができやすくなる背景には乾燥ではなく皮脂になり、必要な対策もおのずと変わってきます。だんだん暑くなってきて、気温が高くなると誰でも汗をかきやすくなります。


汗をかきやすくなる季節には、毛穴からは汗と一緒に皮脂も分泌されるようになります。皮脂がたくさん分泌されて、そのまま放置しておくと、毛穴が詰まる原因になってしまいます。


皮脂でつまった毛穴にアクネ菌が入ると、にきびになってしまいます。正しい洗顔を行うことで、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除き、アクネ菌の増殖を未然に防ぎましょう。


春夏のにきび予防には、きれいにクレンジングする事も大変重要になります。肌を紫外線からガードするために、日焼け止めクリーム等を使わなければいけなくなるので、毛穴の目詰まりが起きやすくなります。


何度も日焼け止めクリームを塗った部分はクレンジングでは汚れが取りづらく、毛穴にメイク汚れ等を残してしまうことがあります。クレンジングもしっかり行って、日焼け止めやメイクのほかにも、老廃物が毛穴に残らないようにすることが、にきび予防には必要です。


さらに夏のにきび予防に必要なのは、バランスのよい食事です。食事から、油分の多いものを摂り過ぎると、毛穴から分泌される皮脂の量が増し、にきびができやすい肌環境になってしまうためです。気温が高くなる時期は特に、にきび予防のためには、野菜やフルーツなどをたくさん取る必要があるのです。